高齢者・老人食を宅配してくれるとこ!福岡県福岡市

高齢者・老人食を宅配してくれるとこ!福岡県福岡市

血圧が上がると腎臓が悪くなるという相関性があります。

 

 

血糖値をコントロールして尿アルブミンが少なくて血圧が上が130以下下が80以下にすることが大切です。

 

人工透析が失明だとは直前行ってきます。

 

まだ見えているから大丈夫弱ってくるといろいろな病気が出てくるからその時に診断を行えば良いというふうに考えてる方がいるのですが、突然起こります。

 

最近では腎症や網膜症の牡蠣的な手術の方法もあります。

 

しかしそのような診断を受けることができるのはごく一部の患者さんだけです。

 

それはそのようなデータを知っている医者が少なくてごく一部のこのような先進的な医者にかかった人だけがそのような治療を受けることができるからです。

 

ですので、自分が血糖値をコントロールしているからといっていいさなんかいらないという風に考えると危険です。

 

素晴らしい医療を受ければそれだけ糖尿病が改善できるのですから、そのような権利を放棄するのはもったいないことです。

 

糖質制限に固執するのは馬鹿げています。

 

ですので、ヘモグロビンa1c6.9以下に収めるようにということで今はそうでもなく素晴らしい治療法はだんだんと出てきています。

 

それで腎臓病を治す薬は色々ありましたが、副作用が強くて実用化には至りませんでした。

 

 

ですが、テルミサルタンという薬が出来てきて高血圧が糖尿病腎症に書き的な効果があるということがわかりました。

 

これを飲むと炎症が抑えられて尿アルブミンが出てこなくなるということが分かっていました。

 

昔からある普通の高血圧の薬ですが、腎臓病を治す薬だということも分かってきました。

 

実際に糖尿病の患者さんに投与すると素晴らしい効果を上げることができました。

 

ですが、重症の方にはあまり効果はなくスピロノラクトンという降圧剤を追加で投与するとかなり悪化した腎臓の症状が良くなることが分かっています。

 

これは1959年に開発された非常に古い薬です。

 

この薬で腎臓病をかなり改善することができるようになっているのですが、ごく一部の人しか知らないので受けられる人はごく少なくしかいません。

 

以降血圧の薬と悪い高血圧の薬があります。

 

糖尿病性腎症に劇的な効果を見せているのは高血圧の薬だけです。

 

高血圧が腎症を悪化させて神松が開かせると血圧が上がるという相関性もあるのですが、高血圧剤なら何でもいいというわけではなく良くないものもあります。

 

血圧を下げる作用はどちらも同じなのですが、尿アルブミンとクレアチニンの比率を見ると全く正反対になっているということがわかります。

 

老人食の宅配サービスはこちら