ダニ捕りロボ アトピー性皮膚炎

ダニ捕りロボってアトピー性皮膚炎に効くの?

 

アレルギーは60歳から70歳頃にかけて治るということが調べていて、年を取れば治ってくるとされていたのですが、現在では老年型のアトピー性皮膚炎もあって高齢者になって突然アトピー性皮膚炎になってしまう方もいるようです。

 

アトピー性皮膚炎はローマの皇帝もかかっていて、羽毛に埋もれた暮らしをしていて、それが原因で咳や発熱アトピー性皮膚炎などができていたとされています。

 

アトピー性皮膚炎は1928年にある医者が命名したものでアトピーという考え方は人間に特有に遺伝するアレルギーという風に考えられています。

 

ゴミを減らすことでアトピーが治る室内のゴミを徹底的に綺麗にすると喘息が治るということが1927年に発表されました。

 

オランダは高温多湿で夏はかなり暑くなって喘息の患者はスイスに行って転地療法を行っていました。

 

そうすると同じ夏でもスイスに行くと症状が治りホランドに帰ってくるとまた症状が悪化します。

 

それです。

 

イスのな環境とはどんな環境かということを考えた上で室内のゴミが原因ではないかと考えたのです。

 

アトピー性皮膚炎や喘息がある方の場合

自分の家のゴミに敏感でそれが原因でアレルギー症状が引き起こされていることがわかります。

 

そのためごみの減らすを徹底的にクリーンにすることでアトピー性皮膚炎や喘息が軽くなるということが発表されました。

 

それではゴミの正体は何なのでしょうか。

 

1969年に発表されたのはゴミの正体はダニだという事でした。

 

家の中のゴミにはカビやダニたくさんの種類のアレルギー物質花粉症など様々な成分が含まれているのですが、メインの成分はダニだということがわかりました。

 

そして1985年に健康な人のリンパ球はダニオフに反応しないのに遊び患者のリンパ球は強く反応することを表しました。

 

だんだんアレルギー性皮膚炎の不思議なメールはとり剥がされてきていて、段々とダニとアトピーの関係が明らかになってきました。

 

アレルギーを起こしやすい成分としてはダニの死骸や糞などカビの類そしてスギ花粉症ブタクサ花粉喉花粉犬や猫の毛フケなど椎茸などの奉仕や羊毛絹7-繊維羽毛布団蕎麦やこんにゃく小麦粉ペニシリンの様な抗生物質やホルモン剤漆コバルトニッケルといったものもアレルギーを起こしやすいことがわかっています。

 

それ以外に蜂に刺されるとアナフィラキシーショックという症状が起こりこれもアレルギー性反応の強いものです。

 

そして食品添加物や食品などもアレルギー症状を引き起こすことが知られています。

 

アレルギーの症状は全身にわたって怒ります。

 

まず頭にはぼーっとするイライラする疲れやすいといった症状が起こり耳には中耳炎が起きたり耳たぶが切れたりします。

 

ねわかりみを引き起こし花輪くしゃみ鼻づまり夜喘息ヒューヒューとした音夜尿症や蛋白尿血尿吐き気カサカサした皮膚炎やジュクジュクした湿疹などの症状が起こります。